PR

普通のノートのサイズはB5!A4とどちらのノートサイズが便利?

ペンと大学ノート 暮らし

一般的なノートのサイズはA4とB5のどちらなのかというと、B5です!

この記事では、A4とB5サイズの違い、それぞれの大きさの比較、メリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

最後までご一読ください。

A4とB5、一般的なノートサイズはどちら?

普段使いのノートサイズに関しては、よく疑問が持たれることです。

実際のところ、学校でよく使われるノートサイズはB5が一般的です。

一方で、オフィス等で使用されるコピー用紙のサイズは、たいていA4が標準となっています。

私自身、コピー用紙はいつもA4を使っていますが、これまでA4のノートを使ったことはないです。

B5サイズの概要とサイズ詳細

B5サイズは、縦が257mm、横が182mmという寸法です。

これをセンチメートルで表すと、縦25.7cm、横18.2cmとなります。

学校で頻繁に使用されるノートのサイズで、多くの教科書もB5サイズを採用しています。

B5サイズの大きさの目安

B5サイズは、9.7インチのタブレットとほぼ同じサイズです。

(ただし、タブレットはノートに比べて重さや厚みが異なる点に注意。)

学校の机など、狭いスペースでも使いやすい大きさが特徴です。

備考:市販されるB5ノートは、正規のB5サイズ(182×257mm)よりも少し小さい「セミB5」サイズ(横179×縦252mm)であることが多いです。

A4サイズの詳細

A4サイズの具体的な寸法は、縦297mm×横210mm、すなわち縦29.7cm×横21cmです。

これは、日本で広く用いられているコピー用紙のサイズで、学校やオフィスで配布される資料にもよく使用されています。

A4サイズの大きさの目安

A4サイズの実際の大きさは、およそ13インチのノートパソコンと同じくらいです。

学校でもらうプリントの方が想像しやすいかもしれません。

結構大きいですね。

イラストや図を描く際にも、十分なスペースが確保されています。

A4サイズとB5サイズの比較

A4とB5のサイズを比較すると、A4の方が一回り大きいことが分かります。

サイズの違いは一見して明らかです。

B5サイズとA4サイズの長所と短所

B5サイズとA4サイズ、それぞれの長所と短所をまとめてみました。

B5サイズの長所と短所

B5サイズの特長は次のようにまとめられます。

<長所>

  • 狭い場所でも使用しやすい
  • ランドセルや小型のバッグにも収まりやすい
  • 多くの店舗で販売されており、手に入れやすい
  • 様々なデザインやカラーが選べる(最近では、ディズニーキャラクターのデザインも人気)

<短所>

  • B5サイズ以上のプリントを貼るのが難しい
  • A4サイズと比較すると書き込みスペースが少ない

B5サイズには目立った短所が少なく、多くの場合、A4サイズが必要でない限り適しています。

A4サイズの長所と短所

A4サイズの主な長所と短所は以下の通りです。

<長所>

  • 広さがあるため、多くの内容を書き込むことができる
  • B5サイズのプリントをそのまま貼ることが可能

<短所>

  • 小さなバッグやランドセルに入りにくい
  • 取り扱い店舗が限定的
  • カラーバリエーションが少なめ

A4サイズのノートは書き込みスペースが広いという利点がありますが、市販されている店舗が限られている点やカラーの選択肢が少ないことが欠点です。

B5サイズとA4サイズ、どのような用途に適しているか

個人的には、普段の授業ノートとしてB5サイズが最適だと考えています。

B5サイズは携帯性が高く、様々な店舗で見つけやすい点がメリットです。

ノートがすぐに必要な時には、手に入りやすさが重要です。

一方、A4サイズは、B5サイズのプリントをノートに貼り付ける場合に適しています。

B5ノートにはプリントがはみ出てしまうため、そのような用途ではA4サイズが便利です。

まとめ

この記事では、ノートのサイズに関して、特にA4とB5の大きさの違いを詳しく説明しました。

それでは、重要なポイントをおさらいしてみましょう。

一般的に多く使われているノートのサイズはB5です。

授業での板書などを記録する際には、B5サイズのノートが最適だと言えます。

サイズ比較では、A4はB5よりも大きいことがわかります。

また、A4サイズは、よくあるコピー用紙の標準サイズとしても広く認識されています。

ノート選びの際には、これらの情報を参考にしてください。

error: