PR

自宅で手軽に!ドーナツ作りに役立つ7つの代替型のアイディア

ドーナツ作り 食べ物

ドーナツは、家庭で簡単に作れる人気のスイーツです。

普通のホットケーキミックスを使えば、手軽にドーナツが作れます。

この方法なら、お菓子作り初心者や子どもたちでも簡単に挑戦できますね。

でも、専用のドーナツ型がないと困ってしまうことも。そんな時に役立つ、手軽な代替品をいくつかご紹介します。

これらのアイデアを試してみませんか?

ドーナツ型の代替品を選ぶコツ

ドーナツ型には、揚げドーナツ用と焼きドーナツ用の2種類があります。

揚げるか焼くかで、生地の性質が変わるので、どちらを作るかに合わせて型を選びましょう。

最適な代替品を見つけるためのポイントをご紹介します。

揚げドーナツ用の代替品を選ぶポイント

揚げドーナツ用の型は、生地を薄く伸ばしてクッキーのように形を作ります。

硬めの生地が適しており、生地が型から抜けやすいようにする工夫が大切です。

揚げドーナツ用の代替品選びでは「硬めの生地を型抜きしやすいこと」「型から生地が抜けやすいこと」を重視してください。

焼きドーナツ用の代替品を選ぶポイント

焼きドーナツの生地は柔らかいため、型抜きは適していません。

焼きドーナツ用の代替品では、適度な深さと耐熱性を備えた容器が重要です。

使用するオーブン、電子レンジ、トースターによって適した容器が異なるため、材質や耐熱温度にも注意して選んでください。

ドーナツ作りに便利!代替アイテム7選

それでは、ドーナツ作りの代替アイテムを紹介していきます。

揚げドーナツに最適なお椀とペットボトルキャップ

揚げドーナツを作る際に最適なのは、家にあるお椀とペットボトルのキャップを使う方法です。

ほとんどの家庭にあるこれらのアイテムを使うと、型取りが簡単にできます。

内側に油を塗ることでさらに使いやすくなります。

一般的なお椀を使用すれば、市販のドーナツ型と同じ大きさのドーナツができます。

もし、お椀がなければ、ペットボトルのキャップよりも大きな縁のある容器、例えばコップや小鉢を使うこともできます。

お椀とクッキー型で作るユニークな揚げドーナツ

お椀(またはコップ)とクッキー型を組み合わせれば、個性あふれる手作り揚げドーナツが作れます。

この方法の面白さは、通常の丸型以外のクッキー型を使うことにあります。

丸型でもいいですが、クッキー型の形を変えることで、ドーナツの中心部分の形を変えられます。

この方法で、市販では見られないオリジナルのデザインのドーナツが簡単に作れます。

特にハート型のドーナツは、作りやすくて人気です。

100円ショップには様々なサイズのクッキー型がありますので、お椀の代わりに大きなクッキー型を使うのも良いでしょう。

ユニークな形の穴あきドーナツを作りたい時は、クッキー型を活用してみてください。

ビニール袋での生地絞り

揚げドーナツを作るのに適した方法として、硬めの生地をビニール袋や保存袋を使って絞り出す方法があります。

この方法で、生地を絞ってドーナツの形を作ります。

必要なものは以下の通りです。

  • ビニール袋や保存袋
  • はさみ
  • クッキングシート

※模様付きのドーナツを作りたい場合は、生クリーム用の絞り袋を使用すると良いでしょう

作成手順

  1. 生地をビニール袋や保存袋に入れます
  2. 袋の端をはさみでカットします
  3. 生地をクッキングシートの上に絞り出し、ドーナツの形にします

この方法のメリットは、材料を袋に入れて混ぜることで、ボウルや手を汚さずに済むことです。

コツは、絞り出した生地をクッキングシートにそのまま乗せて揚げることです。

これによりドーナツの形がきれいに保たれます。

手で成形するテクニック

固めの生地を使った揚げドーナツ作りにおいて、手で形を作る方法も有効です。

生地を手で棒状に伸ばし、両端を合わせて丸い形にします。

特別な道具が不要で、急なドーナツ作りにも対応できます。

ポイントは、生地の一端をしゃもじの形にすることです。

これにより、生地同士がしっかりと接着し、揚げている間に形が崩れにくくなります。

ドーナツの端が外れそうなときは、水を少し付けて接着を強化すると良いでしょう。

スプーンを使った方法

揚げドーナツの生地で、穴の開いていない小さなドーナツを作る際、スプーンを使用すると便利です。

スプーンで生地をすくって油で揚げるだけで、手軽にミニドーナツが作れます。

このサイズなら、砂糖やシナモン、チョコレートなどのトッピングも簡単に楽しめます。

小さなドーナツを作ることで、いろいろな味を試すことができます。

アルミホイルの活用(焼きドーナツ用)

焼きドーナツの生地には、アルミホイルを使って自作の型を作る方法がおすすめです。

ドーナツのサイズに合わせてアルミホイルを使い、型を作成します。

外側の型にはお椀やマグカップが適していますし、穴の部分はペットボトルのキャップを使って作れますが、手で自由に形を作ることも可能です。

これでオーブンやトースターに適したドーナツ型が完成します。

他のお菓子の型の活用(焼きドーナツ用)

やわらかいドーナツ生地には、家にある他のお菓子の型をドーナツ型として活用する方法があります。

例えば、マフィン型やマドレーヌ型などが使えます。穴のないドーナツになりますが、美味しいドーナツが作れます。

小さなお菓子の型を使用すると、生地が均一に火を通りやすくなります。

100円ショップにはさまざまなシリコン製のお菓子の型があり、ドーナツ作りにも役立ちます。

これからもドーナツを作り続ける予定があれば、購入を検討すると良いでしょう。

ドーナツ型の代用品として不適切なアイテムと注意点

ドーナツ型の代用品として不適切なアイテムもあります。

大きなお菓子の型はドーナツ作りに不向き

ドーナツ作りに大型のお菓子の型を使用すると、生地が均一に焼けないことがあり、特に中心部が生焼けになるリスクがあります。

焼き時間を長くしても外側が焦げる可能性があるため、おすすめできません。

底が取れるタイプのケーキ型やシフォン型も、焼きドーナツの生地が漏れることがあるため避けるべきです。

他のお菓子の型を使う場合は、小さくて底が固定されている型を選ぶことが大切です。

電子レンジでのドーナツ作りにおける注意事項

電子レンジでドーナツを作る際は、使用する材質に注意が必要です。

アルミ箔や金属製の型を電子レンジに入れると、火花が散ることがあり、火災の危険性が高まります。

電子レンジでドーナツを作る方法は油で揚げるよりも手軽で時間も短いですが、使用する代用品の材質を慎重に選ぶことが重要です。

まとめ

ドーナツ作りには、揚げる用と焼く用の2種類の型があります。

揚げドーナツの生地には以下の5つの代用方法が適しています。

  • お椀とペットボトルのキャップを使用する
  • お椀とクッキーカッターを組み合わせる
  • 生地を絞り出す方法
  • 手で形を整える
  • スプーンを利用する

一方で、焼きドーナツの生地には次の2つの方法が良いでしょう。

  • アルミホイルを使う
  • 他のお菓子の型を流用する

ドーナツの型として大きなお菓子の型を使用するのはお勧めできません。

さらに、電子レンジでドーナツを作る際には、アルミホイルや金属製の型は使用しないように注意が必要です。

error: